FC2ブログ

羞恥と悲劇のヒロイン

悲劇のヒロインのMです。日々感じたことを書いています。

理解し合うことは難しい

SMにおいて一番重要なこと
私は信頼関係だと思う。
思いやりも必要だし、あとお互いの事情を理解することも重要だと思う。

前のご主人様とはよく、お互いのことを話し合った。
メールでのやり取りは長文だったし
お互いの幼いころのことや家庭環境
自分がどういう影響を受けて来たのか。
そういったことをとてもよく自己分析と共にかなり話し合ったものだ。

いろいろと話せるのは自分のことを自己開示していたり、お互いが同じスタンスでいたりしているんだと思う。


今は中々できていない。


どうしたらいいのか焦る気持ちもあるのかもしれない。

けど、先日、それをぶつけることができて少し、良かった。
彼が、感情を少しぶつけてくれたから良かった。


少しずつ近づくことできるのだろうか。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2019/08/16(金) 13:41:02|
  2. 考え事
  3. | コメント:0

カフェで1時間半

新しいご主人様?がいるのに

違う人に会った。

お茶した。

結構やり取りをした人で
新しいご主人様よりも深い話ができている人だった。


自分が言葉を大事にしていること。
自分の抱えているもの、悩み。
生き方の問題。

自分のSMのかかわり方。

その方は私にたくさんの言葉をくれて
脳逝きを私はずっとしていた。

その方の言葉に心地よさを覚えていた。

自分が感受性が豊かで
自分の体を持て余していること
その人には見抜かれていた。

まだ会ったことがなかったのに。



会って、話をしたけど
人が多すぎて、仕事の話だけで深い話が何もできなかった。


少し、残念だった。
けど、これで終われて良かったと思う。

新しいご主人様を裏切ることにならずに良かった。
本当。



  1. 2019/08/14(水) 14:09:08|
  2. ブログ
  3. | コメント:0

隠し事

好きな人が出来て、ご主人様と別れたが、

その人は私のご主人様になりたがっていた。


それを中々、言えなかった。





先日、前のご主人様から連絡が来た。


それは
新しく仲の良い子ができて、今穏やかに過ごしていること。
そして、奥様と関係を修復できるように徐々に努力しているという近況報告だった。
どちらにも、SMは話せていないとのことだった。
仮面をつけて接すれば、簡単に女性と交われる。
奥様にはどうしても、肉体関係には戻れないようだった。自分の体が拒否するようだった。
SMってそんなに理解されにくいものなんだと知る。
自分にとっては普通のことなのに、何が普通のセックスと違うのだろうか。
普通のセックスはつまらないと思うけど、SMはただのスパイスではないのだろうか。

理解されにくいのはなぜだろうと、考えるけど、私には理解できなかった。
私も少し突き抜けている人間だからなのだろうか。


新しい彼には、突き抜けなきゃいけないみたいなこと言われたことあったっけ。
生き方の話をしたとき、そう言われたことがあった。
周りからのこうあるべき生き方と、自分の模索した生き方に大きな隔たりがあって、
そこを自分は埋めようとしてしまう。
主流から外れないように。親に心配されないようにと考えての行動だ。
けど、結局変わっている自分は、ただの葛藤に悩むばかりで、少し中途半端にもなっているんだ。

自己啓発に多額のお金をかけてみたり。
自己投資は必要だと自分では思っているから。
外部の投資よりも今は自分の投資の方が大切なのは自分の判断で分かっているから。
成長もしている。

男にも振り回されない。

そこは前のご主人様にもよく言われていた。

どこかで、人を信じられていない部分もあるし、
自立しなきゃと自分の独立心を大事にしていた部分もある。
誰かに期待して、頼る自分はいないといは言えないけど、小さい存在になっている。




話を戻して、
前のご主人様から近況報告を受けて、
穏やかな感じを受けて少し安心したが
「私じゃなくてもよかったんだ」だと、自分の自己犠牲してきたものは何だったんだろうと、少し感じた。

でも、彼のS性を受け入れられるのは私しかいなかったとは感じる。
彼の根幹、コアの部分をいつも見ていた。
いつも彼は私にぶつけられていた。


前のご主人様とは明らかに魂で、繋がっていたんだとわかる。


それは比べるものがあるから。


新しい人を私は「ご主人様」と認めているのだろうか。
そこもまず疑問だ。


どうして疑問かは
お互いの根幹部分をまだ見れていないからだと思う。

信頼関係は徐々に出来てきたが
コアな部分はまだ触れていない。お互い。



前のご主人様に
彼が私のご主人様になりたがっている。
そういうことだったんだ。
言えずにごめん。
と言った。

だが
前のご主人様は
「誰に言っていると思っているの?知っていたよ」と答えた。


最初から隠していたのに
そっか。
分かっていたんだ。

隠してて、自分は誠実じゃなかったなと。


自分ってずるい人間だと感じた。


  1. 2019/08/14(水) 14:00:27|
  2. ブログ
  3. | コメント:0

あれから・・・

前のご主人様と連絡をとらなくなって
どれくらいだろう。

毎日毎日連絡とってたのが、無くなった。

ご主人様は自分を見捨てたと感じているんだろう。

最後、電話で
さよなら

だった。



ただ、私はご主人様にも伝えたが
生きることに必死で、

お金を稼ぐことすら儘ならない自分で

どうして自分は普通じゃないんだろうと。
劣等感をもっている。



仕事を最重要と思わない方がいいんだろうけど
お金ってやっぱり大事だから。生きるのに必要だし。
私は一人だし。

だから人間関係で、すがったりはしたくないんだよ。


ご主人様は私と新しい人が別れて、
自分とゆっくり友達になっていきたいという希望だった。


ゆっくりって7年もあったのに

それができなかったんだよ。だから強行手段に出た。
今は違うって言っても結局、ずるずる戻っちゃうんだと思うよ。
お互い、友達って言って我慢してるだけになるんだもの。
好きなんだもの。


そして好きならなんで、関係やめるの?って話になる。


お互いの意見は平行のまま。

だって、お互い相手にこうしてほしいってことしか言ってないから。
相手が変われば、いいんだと相手のせいにしてるから。


ご主人様は私に、新しい人と会うのをやめてほしい。

私は不倫はもう嫌だ。私を選ぶか、友達になってほしい。
友達とは、一切肉体関係が無いってこと。


自分自身も、変わろうとお互い努力もした。

ご主人様は家族と関係を再開しようとした。
ただ、性的に何も感じず、できなかったと。
苦悩していた。

私はご主人様が家族のもとに戻るのが一番の幸せな道なのだと信じていたけど
それはただのきれいごとに過ぎなかった。
偽善者に過ぎなかった。

家族に言えないことがある。
打ち明けられないことがある。
抱えているものがある。

そういう人たちは、どうしたらいいのだろう。
私は独身だけど、自己犠牲のままご主人様と続けるのが難しかった。
私自身、少しは自尊心が育ったのかもしれない。
そういう扱いが自分にはぴったりだと感じていたから。


どうしたら友達になれるんだろうと、ルールを決めて
進もうとしたこともあった。
それは、肉体関係において、いれないということ。

でもみじめになると。

ご主人様は段々自分といるのが
つらくなっているようだった。


救ってあげたかった。
どうしたら、幸せでいられるんだろうと答えを出してあげたかった。


なのに、
結局自分は何もできなかったんだ。


自分といることでしか、彼は救われなかった。

ただ、それが救われていることになっていたのかも
今は微妙だ。

だって、今こんなに苦しんでいる。


苦しみを言って癒せなかった。



本当、ごめんなさい。


今は時間が解決できることを祈るばかりで

無責任な自分がいて。


大切な人に
こんな無責任な自分だったんだと気づく。


ただ、相手を責めるのなら、
ご主人様も私に対して無責任だったのかもしれない。



それはお互いさまで自分を責める必要はないんだ。
  1. 2019/07/27(土) 11:45:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

射精を伴わないSM

究極のSMって射精を伴わないんだろうなと何となく考えています。
そしてどんなSが自分にとって理想なのかと考えたとき
静かな、穏やかなそんな人なのかなと考えたりもします。

自分の考えを理解して指摘してくれる
自分の行動を自分以上に理解して、それを指摘する。
先回りする。

直接的、性的なことを言われていないのに
自分のことを話していくにつれて
こういう女だと分類されてしまう。
その分類が的確で
脳内で逝きそうになる。

プチン、プチンと脳内ではじける感覚が脳内いきなのかな。
脳内での逝き方もまたパターンがあるのかもしれないと最近思うようになりました。
文章での逝き方
言葉での逝き方
命令されての絶頂
全部違う気がします。


射精を伴わないなんて、どれだけ究極的なんだろうと思います。

そして、どれほど、感情を出さずに的確に指摘してくる人。
静かな、クレバーな人。


でも、それだけじゃ自分は物足りなくなるとは思います。
その人の弱さも見たいし
受け入れたい。
そうすると、その人の感じ方、ツボも見えてくるし
気持ちよくさせたいと思う気持ちも、尽くしたい気持ちもある。


自分、強情っていうか。
なんていうか。
  1. 2019/07/06(土) 13:00:29|
  2. 考え事
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

syuutim

Author:syuutim
私の拙いページに来てくださってありがとうございます。
18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

ブログ初心者で、何もまだわかっておりません。
ここでは普段、人には言えない関係や、考え方、出来事も書いていきたいと思います。
ちなみに文字だけのブログです。写真を載せることはご主人様に禁止されております。ブログの内容には賛否両論あると思います。
何か意見がございましたら、お聞かせ下さい。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
自己紹介 (1)
きっかけ (2)
考え事 (8)
ブログ (11)
チャット (12)
最近の出来事 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR